プログラム

2013.6.24 (Mon)

6月29日(土)

12:30-13:00受付
13:00-13:10開会あいさつ(豊田太郎)
13:15-14:30芸術系:Juan Castro Manuel 博士(早稲田大)HomePage
Fat as soft architecture: the spontaneous transformation of lipids into organic geometries with predefined biophysical properties.
14:40-15:20Short talk
  • 「周期的な光照射下における生物対流パターン」  末松 J. 信彦(明治大)
  • 「アクティブソフトマターの高機能化〜その1〜」伴 貴彦(大阪大)
  • 「界面活性剤水溶液中を泳ぐ細胞サイズの油滴の運動制御」三浦 真吾(東京大・豊田研)
  • 「自己駆動を開始する油滴分子の設計と合成」 田中 雄喜(東京大・豊田研)
  • 「アルコール水溶液表面で自走する油滴周囲の表面張力時間分解計測」 大嶋 省吾(千葉大・藤浪研)
16:00-17:15生命系:瀧ノ上 正浩 講師 (東工大)HomePage Abstruct
マイクロサイズの非平衡場の制御による動的人工細胞の構築と異方性複雑形状粒子の作製
17:20-18:20Short talk
  • 「ポリマー鎖自励振動の直接観察」 原 雄介(産総研)
  • 「膜の動的な挙動からみる自己組織化と生命」 高橋 慧(東京大・豊田研)
  • 「ヘテロリン酸ジエステル構造を有するアニオン性両親媒性分子の合成と新規人工細胞膜の形成」 松尾 宗征(東京大・豊田研)
夕食
20:30-22:30 懇親会


6月30日(日)

朝食
09:15-10:30物質系:高田 十志和 教授(東工大)HomePage Abstruct
分子のゆるやかな束縛連結がもたらす機能と物性
10:35-11:50数理系:北畑 裕之 准教授(千葉大学)HomePage Abstruct
自己組織化にあらわれる数理構造
11:55-12:15「界面活性剤水溶液中で脂質凝集体が示す新奇自己駆動現象」 豊田 太郎(東京大)
12:15-12:30総括
閉会のあいさつ
解散