講演等

  2014年度  2013年度  2012年度  2011年度  2010年度  2009年度  2008年度  2007年度  2006年度  2005年度  2004年度  2003年度  2002年度  2001年度

2014年度 (2014.4-2015.3)

講演
  1. "Travelling Wave Approach to Competitor-Mediated Coexistence in Competition-Diffusion Systems", International Conference on Nonlinear Dynamics with Applications to Biology, National Tsing-Hua University, Taiwan (2014年5月29日)
  2. "Mathematical Understanding of Desertification", Mini-workshop on Mathematical BIology, Univ. Paris-Sud, Orsay, France (2014年6月6日)
  3. "Travelling Wave Approach to Competitor-Mediated Coexistence", Seminar on Reaction-Diffusion Equations, Propagation and Modelling, EHESS, Paris, France (2014年6月10日)
  4. "Self-Organization in Reaction-Diffusion Systems: Vegetation Patterns in Water-Limited Systems", Complex Systems Seminar in Social Sciences, CAMS/EHESS, Paris, France (2014年6月13日)
  5. "Spatio-Temporal Oscillations in the Keller-Segel System with Logistic Growth", International Conference on Nonlinear Evolution Problems, Univ. Roma I, Roma (2014年6月 25日)
  6. ↑ Page Top

2013年度 (2013.4-2014.3)

講演
  1. "Traveling wave solutions in a tumor growth model with contact inhibition", One day meeting on Recent Development on Competition Systems and Related Topics, National Taiwan University, Taiwan, (2014年3月3日)
  2. "競争排他・競争緩和共存問題を数理解析から眺める,「生命科学に現れる新しい数理モデルの数学的基盤の構築に向けて」", 博多駅前セミナー、リファレンス駅東ビル、福岡市, (2014年2月18日)
  3. "生物,化学に現れる自己組織化パターンのモデルからの解明", 理学談話会、金沢大学理工学域, (2014年2月7日)
  4. " Spatio-temporal oscillations in the Keller-Segel system with logistic growth", NTU and NCTS/TPE Seminar on PDE, National Taiwan University, Taipei, (2013年9月27日)
  5. "Model-Aided Understanding of Self-Organization", International Conference on Simulation Technology, 明治大学, 東京, (2013年9月11日)
  6. "Model-Aided Understanding of Competitive Exclusion and Coexistence", International Conference on Models in Population Dynamics and Ecology (MPDE’13), Univ. Osnabrueck, Germany, (2013年8月27日)
  7. "Traveling wave approach to competitive exclusion and coexistence in competition-diffusion systems", ReaDilab Conference on Mathematical Modeling and Analysis in the Life Sciences, Carry-le-Rouet, France, (2013年6月11日)
  8. "Self-organization in Bacterial Colonies", International Conference on Mathematics and Biology: a Roundtrip in the Light of Suns and Stars, Lorentz Center Leiden, the Netherlands, (2013年4月19日)
  9. ↑ Page Top

2012年度 (2012.4-2013.3)

講演
  1. "Model-aided Understanding of Self-Organization", “Human Biology Symposium”, Tsukuba Global Sciences Week 2012, 筑波, (2012年10月30日)
  2. "特異極限解析:生物システムに現れるパターンを捉える"、第50回日本生物物理学会年会シンポジウム「生物学における数学的手法の最前線」、(2012年9月22日)
  3. "自己組織化と反応拡散系−AlanTuringの貢献—"、2012年日本数理生物学会総合講演、岡山大学、(2012年9月10日)
  4.  "Self-organized aggregation: from individuals to collective behavior", BIOCOMP2012, Mathematical Modeling and Computational Topics in Biosciences, Vietro sul Mare, Italy, (2012年7月7日)
  5. "Traveling waves in a tumor growth model with contact inhibition", Nonlinear PDEs: Theory and Applications to Complex Systems, IHES, France, (2012年6月25日)
  6. "自己組織化のモデリング支援分析"、第3回計算科学シミュレーションシンポジウム、日本学術会議講堂、(2012年4月25日)
  7. "Turing’s instability versus cross-diffusion-driven instability", Pattern Formation: The inspiration of AlanTuring, Oxford, GB, (2012年3月14日)
国際会議・研究集会の主催
  1. "Mathematical Modeling and Analysis in Biology and Medicine, Laboratoire de Mathématique, Université de Paris-Sud, France, Organizers: D. Hilhorst, M. Mimura, T. N. Nguyen, K. Pakdaman and H. C. Vu Du (2012年7月3-4日)
  2. "Nonlinear Partial Differential Equations: Theory and Applications to Complex Systems, Une conférence internationale en l'honneur d'Hiroshi Matano, Institut des Hautes Études Scientifiques, France, Organizers: H. Berestycki, D. Hilhorst, F. Merle, M. Mimura and K. Pakdaman. (2012年6月25-28日)
  3. ↑ Page Top

2011年度 (2011.4-2012.3)

講演
  1. "Modelling of self-organized aggregation: from individual to population", Conference on Evolutional equations, related topics and applications, 早稲田大学, 東京,(2012年3月19日)
  2. "Turing's instability versus cross-diffusion-driven instability", Pattern formartion: The Inspiration pf Alan Turing, Oxford, United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland,(2012年3月14日)
  3. "自己組織化集合モデルについて:ミクロとマクロの間を探る", 数電機特別連携講演会, 首都大学東京 , 東京 ,(2012年3月7日)
  4. "Mathematics moving towards understanding of self-organization", Mathematics for Innovation: large and Complex Systems, ESF-JSPS, 東京, (2012年2月29日)
  5. "A link between macroscopic and microscopic models of active aggregation", 20th Annual Workshop on Differential Equation, Taipei, Taiwan, (2012年1月6日)
  6. "Active aggregation in two mode-dispersing models", International workshop on Mathematical Models of Biological Phenomena and their Analysis, 仙台, (2011年11月23日)
  7. "Infinite dimensional relaxation oscillation in a population growth model with two mode movement", Workshop on Reaction-Diffusion Systems in Mathematics and Life Sciences, Montpellier, France, (2011年9月20日)
  8. "Competitor-mediated coexistence", Mathematical Frontiers in the life Sciences, Limerick, Ireland, (2011年7月5日)
  9. "Competitive exclusion and competitor-mediated coexistence", Fronts and Nonlinear PDEs, Ecole Normale Superier, Paris, France, (2011年6月21日)
  10. "Infinite dimensional relaxation oscillation in a chemotaxis-growth system", Colloquium du Laboratoire Jacques-Luis Lions, Univ. Pars VI, Paris, France, (2011年6月17日)
  11. "Dynamics of soliton-like dynamics in excitable reaction-diffusion systems", International Conference on Perspective in Mathematics and Life Sciences, Granada, Spain, (2011年6月8日)
  12. ↑ Page Top

2010年度 (2010.4-2011.3)

講演
  1. "Segregation property in a tumor growth PDE model with contact inhibition", The 19th Workshop on Differential Equations and Its Applications, 國立成功大學, 台南, 台湾, (2011年1月15日)
  2. "Singular Limit of Competitive Systems and Spatial Segregation Problems", NCTS Workshop on PDE Models of Biological Processes, 國立清華大學第三綜合大樓, 新竹, 台湾, (2010年12月16日)
  3. "微小重力環境でのすす燃焼のモデル支援解析", PDEs and Phenomena in Miyazaki, 宮崎大学木花キャンパス, 宮崎, (2010年11月20日)
  4. "自己組織化とモデリング", 第7回生物数学の理論と応用, 京都大学数理解析研究所, 京都, (2010年11月18日)
  5. "Competition Diffusion Systems and Free Boundary Problems", Workshop of Nonlinear Analysis and Integral Systems, 龍谷大学セミナーハウス, 京都, (2010年11月18日)
  6. "Self-Organized Patterns in Bacterial Colonies", International Workshop on Statistical Physics and Biology of Collective Motion, Max Planck Institute for the Physics of Complex Systems, Dresden, Germany, (2010年11月11日)
  7. "Model-Aided Understanding of Self-Organized Patterns in Bacterial Colonies", Mini-Workshop on Modeling, Simulation and Analysis of Bacterial Pattern Formation, 東北大学, 宮城, (2010年10月30日)
  8. "Smoldering Combustion under Micro-Gravity", 明治大学駿河台キャンパス, 東京, (2010年10月28日)
  9. "Self-Organization in Bacterial Colonies", NLDS Days, Centre de Recherche Paul Pascal, Bordeaux, France, (2010年10月20日)
  10. "Model-Aided Understanding of Competitive Exclusion and Competition-Mediated Coexistence", Mathematical Biology Seminar at University of Bordeaux II, Bordeaux, France, (2010年10月15日)
  11. "Modeling of Smoldering Combustion in Micro-Gravity", Colloquium of Interdisciplinary Mathematics Institute, University Complutense de Madrid, Madrid, Spain, (2010年10月5日)
  12. "Non-annihilation Dynamics in Reaction-Diffusion Systems", Mathematical Sciences Workshop at Riken, 長野, (2010年9月29日)
  13. "Self-organization in biological systems", Advanced Mathematical Sciences I「Patterns, Waves and Motion in Biological Systems」, 明治大学駿河台キャンパス, 東京, (2010年9月17日)
  14. "情報手段を持つバクテリア集団の巧みなコロニー形成", 先端数理科学I「渋滞の数理」, 明治大学駿河台キャンパス, 東京, (2010年8月5日)
  15. ↑ Page Top

2009年度 (2009.4-2010.3)

講演
  1. "A tumour growth model with contact inhibition", Japanese French Meeting ReaDiLab 2010 Spatio-temporal patterns from Mathematics to Biological Applications, Archamps, France, (2010年3月15日)
  2. "Minimal mechanism for pattern formation in stressed bacteria", Interdisciplinary Workshop on Pattern formation in morphogenesis, IHES., Paris, France, (2010年1月14日)
  3. "Model-aided Understanding of Secrets in Biological Systems", Conference on the Mathematics of Darwin’s Legacy, Lisbon, Portugal, (2009年11月24日)
  4. "Traveling waves arising in tumor growth models", Advanced Mathematical Sciences II, 明治大学駿河台キャンパス, 東京, (2009年10月30日)
  5. "すす燃焼パターンの多様 -モデルシミュレーションからの接近-", ワークショップ「創発現象の世界」, 九州大学西新プラザ, 福岡, (2009年10月16日)
  6. "Mathematical understanding of pattern dynamics", 基調講演, 第19回日本数理生物学年会, 東京大学, 東京, (2009年9月11日)
  7. "A reaction-diffusion system describing smoldering combustion under micro-gravity", 2nd International Conference on Reaction-Diffusion Systems and Viscositiy Solutions, 静宜大学, 台中, 台湾, (2009年7月13日)
  8. "Self-organized patterns in smoldering combustion", International Workshop on Self-organization in chemical and biological systems, 明治大学駿河台キャンパス, 東京, (2009年7月7日)
  9. "グレイースコットモデルの解析は何故難しいか?", 散逸系の数理, 京都大学数理解析研究所, 京都, (2009年6月26日)
  10. "Excitable systems and Pattern formation I and II", Advanced Mathematical Sciences I, 明治大学駿河台キャンパス, 東京, (2009年6月11日)
  11. "Contact inhibition and Free boundary problems", Industrial Mathematics Seminar, Dept. Math. Univ. Firenze, Firenze, Italy, (2009年5月11日)
  12. "Self-organized patterns in bacterial colonies", Pizza Seminar, Rome II Univ., Rome, Italy, (2009年5月7日)
  13. "Computer-assisted analysis on pattern dynamics in exothermic reaction-diffusion systems", Numerical Analysis seminar, Rome I Univ., Rome, Italy, (2009年5月5日)
  14. "Segregation Problems in competition-diffusion systems", Analysis Seminar, Rome I Univ., Rome, Italy, (2009年4月28日)
アウトリーチ
  1. "自然の中に現れる数学を探る", 理数系講演会, 沖縄県立開邦高等学校, 沖縄, (2009年12月24日)
  2. "ヒマワリ模様に数学を探る", SSH特別講義, 広島大学附属高等学校, 広島, (2009年11月30日)
  3. SSH特別講義, 沖縄県立開邦高等学校, 沖縄, (2009年10月8日)
研究組織委員会
  1. Workshop on Spatio-temporal patterns from Mathematics to Biological Applications (Co-Organizing: J. Demongeot, D. Hilhorst, H. Matano), Archamps, France, (2010年3月15日-17日)
  2. 現象数理学:冬の学校「パターンダイナミクス 1-2-3」(共同組織委員:西浦廉政,小川知之,上山大信), 明治大学駿河台キャンパス, 東京, (2009年12月9日-11日)
  3. The 2nd Chile-Japan Workshop on Nonlinear Elliptic and Parabolic PDEs (Co-Organizing: P. Felmer, M. Kowalczyk, H. Ninomiya, M.D. Pino, K. Tanaka, E. Yanagida), 明治大学駿河台キャンパス, 東京, (2009年12月1日-4日)
  4. International Workshop on Self-organization in chemical and biological systems (Co-Organizing: Y. Nishiyama, D. Ueyama, T. Yamaguchi), 明治大学駿河台キャンパス, 東京, (2009年7月7日-9日)
  5. ↑ Page Top

2008年度 (2008.4-2009.3)

講演
  1. "Free Boundary Problems related to Contact Inhibition", Winter school: Recent challenges of mathematics in Biology and in Medicine of Cancer, CIRM, California, U.S.A., (2008年2月23日)
  2. "Pattern Formation and Reaction-Diffusion Systems", Advanced Course on Mathematical Biology: Modeling and Differential Equations, Centre de Recerca Matematica, Barcelona, Spain, (2009年2月2日-3日)
  3. "Reaction-diffusion equations and Applications", Analysis seminar, Institute of Mathematics, Academia Sinica, 台北, 台湾, (2008年12月20日)
  4. "現象数理学の重要性そしてアジアでのネットワークの構築の必要性", 中華民国数学會, 台湾, (2008年12月19日)
  5. "Segregation Problems In Competition-Diffusion Systems", 2008年數學學術研討會・中華民國數學會年會, 國立清華大學, 新竹, 台湾, (2008年12月)
  6. "Transient self-organized patterns in biological and chemical systems", International Workshop on Mathematical Biology, 國立台湾師範大學, 台北, 台湾, (2008年12月15日)
  7. "Traveling waves in smoldering combustion under micro-gravity", Workshop on PDE approximations in fast reaction-slow diffusion scenario, Lorentz Center, Leiden, the Netherlands, (2008年11月10日)
  8. "Competition-mediated coexistence for three species", 2nd China-Japan Colloquium of Mathematical Biology, 岡山大学, 岡山, (2008年8月6日)
  9. "Pattern Formation arising in Transient Far From Equilibrium States", Gordon Research Conference on Oscillations &Dynamic Instabilities in Chemical Systems, Colby College Watervill, ME, U.S.A., (2008年7月15日)
  10. "Transient Asymptotics in Far from equilibrium Reaction-Diffusion Systems", European Conference on Mathematical and Theoretical Biology, The Univ. of Edinburgh, Edinburgh, Scotlland, (2008年6月)
アウトリーチ
  1. "自然の中に数学を見つけよう", SSH特別講義, 広島大学附属高等学校, 広島, (2009年1月13日)
  2. "シマウマにヒョウの模様が現れる? -数学で解明しよう-", 現代数学入門市民講座, 日本数学会, 湘南国際村センター, 神奈川, (2009年1月11日)
  3. "生き物の神秘 -数学からの解明-", SSH特別講義, 沖縄県立開邦高等学校, 沖縄, (2009年1月8日)
  4. "自然の中に現れる数学を探る", 湘南数学セミナー, 日本数学会, 湘南国際村センター, 神奈川, (2009年1月5日-6日)
  5. "非線形物理", 集中講義, 九州大学大学院工学研究院エネルギー量子工学部門, 福岡, (2008年12月8日-10日)
  6. "生き物の神秘 -数学からの解明-", 特別講演会, 香川県立高松高等学校, 香川, (2008年11月27日)
  7. "数理情報学", 集中講義, 龍谷大学大学院理工学研究科数理情報学専攻, 滋賀, (2008年8月8日-9日)
研究組織委員会
  1. 現象数理学:冬の学校「数理の目で世界を観る」(共同組織委員:小林亮,上山大信,若狭徹), 明治大学紫紺館, 東京, (2009年1月7日-9日)
  2. 「階層構造の科学+現象数理学」研究会(共催:JAMSTEC『階層構造の科学』研究グループ,明治大学グローバルCOEプログラム「現象数理学の形成と発展」,共同組織委員:草野完也), ホテル ニュー アオノ, 静岡, (2008年11月30日-12月1日)
  3. Workshop on PDE approximations in fast reaction-slow diffusion scenarios (Co-Organizing: D. Hilhorst, A. Muntean and T. Aiki, Lorentz Center, Leiden, The Netherlands, (2008年11月10日-14日)
  4. The Japan-France International Laboratory (LIA-197) ReaDiLab, "Mathematical Understanding of Complex Systems arising in Biology and Medicine" (Co-Coordinators: H. Matano, D. Hilhorst, J. Demongeot), 明治大学紫紺館, 東京, (2008年10月27日-29日)
  5. ↑ Page Top

2007年度 (2007.4-2008.3)

講演
  1. "Traveling waves arising in smoldering combustion", ReaDiLab conference: Reaction-Diffusion Systems and Chemotaxis, Univ. Paris-Sud, Orsay, France, (2008年3月19日)
  2. "自己組織化の神秘:ミクロ生物が作るマクロなパターン", 「ミクロの形、マクロの形」研究集会, 明治大学生田キャンパス, 神奈川, (2008年3月3日)
  3. "微笑重力環境でのすす燃焼モデルについて", 「界面現象のダイナミクスを解明する最前線の数値解析とその展開 III」研究集会, 神戸インスティチュート, 兵庫, (2007年10月16日)
  4. "Self-organized patterns in bacterial colonies", BIOCOMP 2007, Hotel Lloyd's Baia, Vietri sul Mare, Italy, (2007年9月25日)
  5. "Modeling of smoldering combustion under micro gravity", Mathematical Modeling and Analysis in Biological and Chemical Systems, Orsay & IHES, France, (2007年9月3日)
  6. "Spatial segregation problems in competitive systems", Conference on PDE and Biology, KTH, Stockholm, Sweden, (2007年7月11日)
  7. "Transient asymptotics in master-slave type reaction-diffusion systems", Workshop on Experimrntsl and Theoretical Studies of Precipitation Pattern, 明治大学秋葉原サテライトキャンパス, 東京, (2007年6月28日)
研究組織委員会
  1. 非線形数理 秋の学校(共同組織委員:栄伸一郎,辻川亨,新居俊作,上山大信), 明治大学秋葉原サテライトキャンパス, 東京, (2007年9月25日-27日)
  2. Workshop on Experimrntsl and Theoretical Studies of Precipitation Pattern(共同組織委員:上山大信), 明治大学秋葉原サテライトキャンパス, 東京, (2007年6月28日)
  3. ↑ Page Top

2006年度 (2006.4-2007.3)

講演
  1. "Pattern formation in biological systems far from equilibrium state" School in Biomatehmatics "Cell growth and Pattern formation", Univ. of Trento, Trento, Italy, (2007年3月19日-23日)
  2. "Recent topics on competition-diffusion systems", International Symposium on Dynamical Systems Theory and Its Applications to Biology and Environmental Sciences, 静岡大学, 静岡, (2007年3月14日)
  3. "Transient Pattern Formation in Reaction-Diffusion Systems", International Conference on Reaction-Diffusion Systems and Viscosity Solutions, 静宜大学, 台中, 台湾, (2007年1月3日)
  4. "うつろひ、消えていくパターンの数理", 慶応大21世紀COEセミナー, 神奈川, (2006年12月14日)
  5. "Recent Topics on Three-Component Reaction-Diffusion Systems", Conference on Reaction-Diffusion Systems: Theory and Applications, 國立台湾師範大學, 台北, 台湾, (2006年12月1日)
  6. "Combustion under Micro-Gravity: Modeling and Simulation", International Conference on Recent Advances and Applications in Nonlinear Science, 東京大学, 東京, (2006年10月17日)
  7. "Precipitation Reaction Diffusion Systems", International Symposium on Understanding of Complex Pattern Dynamics, 神戸インスティチュート, 兵庫, (2006年9月27日)
  8. "Modeling and Analysis of Precipitation Patterns", Recent Advances in Free Boundary Problem and related Topics, Levico, Italy, (2006年9月14日)
  9. "競合拡散方程式に現れるすみ分け解について", 数理解析セミナー, 広島大学理学研究科数学専攻, 広島, (2006年8月11日)
  10. "Self-organization in biological and Chemical systems", Cursos de verano 2006, El Escorial, Spain, (2006年8月2日)
  11. "Modeling Challenge of Reaction-Diffusion Equations to Far from Equilibrium Systems", AIMS's 6th International Conference on Dynamical Systems, Differential Equations and Applications, Univ. of Poitiers, Poitiers, France, (2006年6月28日)
  12. "Spatially Segregating Patterns arising in Competition-Diffusion Systems", Symposium on Reaction-Diffusion Systems and the Dynamics of Patterns, AIMS's 6th International Conference on Dynamical Systems, Differential Equations and Applications, Univ. of Poitiers, Poitiers, France, (2006年6月27日)
  13. "Mathematical Understanding of self-organization in reaction-diffusion systems", 学術演講, 輔仁大学数学系, 台北, 台湾, (2006年5月15日-16日)
  14. "Mathematics moving towards Biology", Special colloquium, Rome I Univ., Rome, Italy, (2006年4月7日)
  15. "Cross-diffusion induced instability in competition systems", Mathematical Biology Seminar, Rome I Univ., Rome, Italy, (2006年4月5日)
  16. ↑ Page Top

2005年度 (2005.4-2006.3)

講演
  1. "生物の運動 -ミクロレベルからマクロレベルまでの視点から-", 現象数理セミナー, 九州大学大学府数理学研究科, 福岡, (2005年12月27日)
  2. "交差拡散・競合系に対する反応拡散系近似 -定常解の視点から-(共同発表者:出原浩史)", 応用数学合同研究集会, 龍谷大学瀬田キャンパス, 滋賀, (2005年12月21日)
  3. "リーゼガング型沈殿現象を記述するフエーズフイールドモデルに関するシミュレーション解析(共同発表者:上山大信)", 応用数学合同研究集会, 龍谷大学瀬田キャンパス, 滋賀, (2005年12月21日)
  4. "Pattern formation in far from equilibrium systems in biology", 2005 Soft matter days, 中央研究院, 台北, 台湾, (2005年12月20日)
  5. "Biological pattern formation: From individual to collective behavior in bacterial chemotaxis", International Conference on Nonlinear Analysis: Prospects of Mathematical Sciences, 数學研究所, 中央研究院, 台北, 台湾, (2005年12月17日)
  6. "Dynamics of spots in reaction-diffusion systems", International Conference on Applied Mathematics, 淡江大学, 台北, 台湾, (2005年12月4日)
  7. "Diffusion, Cross-diffusion and Competitive interaction", 第2回「生物数学の理論と応用」研究会, 京都大学数理解析研究所, 京都, (2005年11月22日)
  8. "非線形性と生物系", 数理分子生命理学セミナー, 広島大学大学院理学研究科数理分子生命理学専攻, 広島, (2005年11月17日)
  9. "反応拡散系に現われる遷移ダイナミクス", 談話会, 金沢大学理学部数学科, 石川, (2005年11月9日)
  10. "Transient Asymptotics in Reaction-diffusion Systems", Japan-France Symposium on Mathematical Analysis of Complex Phenomena in Life Sciences, 東京大学, 東京, (2005年10月25日)
  11. "ランダムウオークする3種競争系に現われるパターン形成", 盛岡応用数学小研究会, 岩手大学, 岩手, (2005年10月9日)
  12. "Computer aided analysis of Competition-diffusion systems", Workshop on computer aided analysis and reaction-diffusion systems, 國立台湾師範大學, 台北, 台湾, (2005年9月13日-14日)
  13. "Secrets of self-organized patterns in bacterial colonies", International Conference on Deterministic and Stochastic Modelling in Biomedicine, Economics and Industry, Milano, Italy, (2005年9月5日)
  14. "生物系に現われる結晶成長パターン", 第35回結晶成長国内会議結晶成長基礎シンポジウム, JACG, 広島大学東広島キャンパス, 広島, (2005年8月18日)
  15. "Diffusion, Cross-diffusion and Competitive interaction", Max-Planck Institute for Mathematics in the Sciences, Leipzig, Germany, (2005年8月4日)
  16. "A phase field approximation to precipitation patterns", Workshop on Applied Mathematics, Praha, Czech, (2005年7月31日)
  17. "Cross-diffusion systems in biology", Equadiff-11, Comenius Univ., Bratislava, Slovakia, (2005年7月26日)
  18. "Transient pattern formation in reaction-diffusion systems", Equadiff-11, Comenius Univ., Bratislava, Slovakia, (2005年7月25日)
  19. "Self-organized patterns in bacterial colonies", European Society of Mathematical and Theoretical Biology (ECMTB05), Dresden, Germany, (2005年7月18日)
  20. "リーゼガングパターン:モデルとシミュレーション", 「界面現象のダイナミクスを解明する最前領の数値解析とその展開 II」研究集会, 神戸インスティチュート, 兵庫, (2005年7月13日)
  21. "遷移過程に現われる自己組織化パターン", 研究集会「生物における非線形性」, 九州大学西新プラザ, 福岡, (2005年7月2日)
  22. "Transient patterns in slave-master reaction-diffusion systems", Conference on Free Boundary Problem: Theory and Applications, the Univ. of Coimbra, Coimbra, Portugal, (2005年6月8日)
  23. "Secrets of self-organized patterns in biology", Ryukoku Workshop on Mathematical Aspect of Pattern Formation and Dynamics in Dissipative Systems, 龍谷大学瀬田キャンパス, 滋賀, (2005年6月2日)
  24. "Periodic precipitation in chemical reactions: Modeling and simulations", The 4th JSIAM-SIMAI joint seminar on Industrial and Applied Mathematics, 湘南国際村センター, 神奈川, (2005年5月26日)
  25. "Self-organized patterns in bacterial colonies", Conference on Frontiers in Applied and Computational Mathematics, New Jersey Institute of Technology, New Jersey, U.S.A, (2005年5月15日)
  26. "交差拡散モデルについて", 複雑系セミナー, 広島大学大学院理学研究科数理分子生命理学専攻, 広島, (2005年4月28日)
  27. "Dissipative solitons in reaction-diffusion systems", Colloquium of Mathematical Department, Univ. de Franche-Comte, Besancon, France, (2005年4月7日)
アウトリーチ
  1. "細胞インテリジェンス", SSH特別講義, 広島大学付属高校, 広島, (2005年11月18日)
  2. "応用解析", 集中講義, 金沢大学理学部計算科学科, 石川, (2005年11月8日-10日)
研究組織委員会
  1. 盛岡応用数学小研究会(共同組織委員:飯田雅人), 岩手大学, 岩手, (2005年10月8日-9日)
  2. Mini symposium on biomathematics, Conference on Free Boundary Problem: Theory and Applications, the Univ. of Coimbra, Coimbra, Portugal, (2005年6月8日)
  3. ↑ Page Top

2004年度 (2004.4-2005.3)

講演
  1. "ランダムウオーク、走性、パターン形成", 第2回「非線形科学の深化と情報科学への応用」研究会, 山口大学工学部, 山口, (2005年3月2日)
  2. "Diffusion, Cross-diffusion and Competitive Interaction", International Workshop on Reaction-Diffusion Systems in Life Sciences, Orsay, France, (2005年3月1日)
  3. "Dynamics of dissipative solitons in reaction-diffusion systems", Conference on Integrable Systems and Applications to Real World, 東京大学, 東京, (2005年2月16日)
  4. "遷移過程に現われる時空パターン", 談話会, 東北大学大学院理学研究科数学専攻, 宮城, (2004年11月29日)
  5. "ミクロの世界における生物パターン", フォーラム「生命科学におけるモデルの役割」, 国際高等研究所, 京都, (2004年11月26日)
  6. "非平衡下でのビリヤード問題", 数理解析セミナー, 東京都立大学数学教室, 東京, (2004年11月24日)
  7. "Crystallized patterns in a biological system", 「界面現象のダイナミクスを解明する最前線の数値解析とその展開」研究会, 神戸インステチュート, 兵庫, (2004年11月17日)
  8. "Dynamics of soliton-like solutions arising in reaction-diffusion systems", International Conference on Nonlinear Analysis and Applications, 台北, 台湾, (2004年11月5日)
  9. "細胞性粘菌の集合形成のモデリング", 複雑系セミナー, 広島大学大学院理学研究科数理分子生命理学専攻, 広島, (2004年11月2日)
  10. "生態系に現れる成長パターンの多様性", セミナー, 広島大学大学院理学研究科数理分子生命理学専攻, 広島, (2004年10月27日)
  11. "Reaction-diffusion systems in biology", 「反応拡散系に現われる時空パターンのダイナミクス」研究会, 京都大学数理解析研究所, 京都, (2004年10月13日)
  12. "Biological pattern formation arising in reaction-diffusion systems", International Conference on Nonlinear Analysis, Paris, France, (2004年6月23日)
  13. "Interaction of traveling spots arising in reaction-diffusion systems", International Conference on Free Boundary Problem, Monticatini, Italy, (2004年6月11日)
  14. "非線形非平衡系に現われる時空間パターン", 談話会, 東京大学大学院数理科学研究科, 東京, (2004年6月4日)
  15. "非平衡ビリヤード問題", 応用解析セミナー, 早稲田大学理工学部, 東京, (2004年5月22日)
  16. "現象数理学への誘い", 応用解析セミナー, 東京大学大学院数理科学研究科, 東京, (2004年5月16日)
アウトリーチ
  1. "応用解析", 集中講義, 東北大学大学院理学研究科数学専攻, 宮城, (2004年11月29日-12月3日)
  2. "数学と生物・生命系", 明治大学科学技術研究所公開講座, 明治大学生田キャンパス, 神奈川, (2004年11月27日)
  3. "現象数理学", 集中講義, 広島大学大学院理学研究科数理分子生命理学専攻, 広島, (2004年10月26日・29日, 11月1日-2日)
  4. "自然と数学の接点", SSH特別講義, 広島大学付属高校, 広島, (2004年9月30日)
  5. "環境数理特別講義" 集中講義, 岡山大学環境理工学部環境数理学科, 岡山, (2004年8月1日-4日)
研究組織委員会
  1. International Workshop on Reaction-Diffusion Systems in Life Sciences (Co-Organizing: D. Hilhorst), Orsay, France, (2005年3月1日-2日)
  2. ↑ Page Top

2003年度 (2003.4-2004.3)

講演
  1. "1点成長系に現れるパターン形成", 「非線形科学の深化と情報科学への応用」研究会, 山口大学工学部常磐キャンパス, 山口, (2003年12月13日)
  2. "Transient patterns in reaction-diffusion systems", Conference on Singularities arising in nonlinear problems, 京都府立ゼミナールハウス, 京都, (2003年11月27日)
  3. "Growth from one point resource", Workshop on Dynamical Systems and its application to biology, National Center for Theoretical Sciences, 清華大学, 新竹, 台湾, (2003年11月24日)
  4. "1点成長系に現れる遷移パターン:形態とその数理", 龍谷数理科学セミナー, 龍谷大学理工学部, 滋賀, (2003年11月11日)
  5. "生物系に現れる自己組織化パターン", 「カーボンナノチューブ形成機構とその数理」研究会, 大阪工業大学記念館, 大阪, (2003年11月5日)
  6. "Spatio-temporal patterns in bacterial colonies", Max Planck Institute for Mathematics in the Sciences, Leipzig, Germany, (2003年10月21日)
  7. "Models of bacterial colonies", Colloquium in High Performance Computing Center, Univ. of Dresden, Dresden, Germany, (2003年10月18日)
  8. "走化性・増殖方程式に現れる曲率運動について", 生田応用解析セミナー, 明治大学, 神奈川, (2003年10月6日)
  9. "1点成長に系に現れる時空間パターンの遷移過程", 談話会, 徳島大学総合科学部数理科学科, 徳島, (2003年9月3日)
  10. "1点成長系に現れるパターンについて", 「材料科学における新展開」研究会, 広島大学学士会館, 広島, (2003年8月27日)
  11. "大腸菌に現れる自己組織化パターン形成について", 「界面ダイナミクスを再現する数値解法の実験分野への応用について III」研究会, 神戸インステイチュート, 兵庫, (2003年7月22日)
  12. "Resource-consumer reaction-diffusion systems", Workshop on Mathematical problems in biological systems, Department of Mathematics, Univ. of Sydney, Australia, (2003年7月15)
  13. "Mathematical analysis of camphor motion", Mini-Symposium on Interaction of pulses and spots, ICIAM, Sydney, Australia, (2003年7月7日)
  14. "Mathematical treatment of Liesegang bands", Mini-Symposium on Free boundary problem on reaction-diffusion systems, ICIAM, Sydney, Australia, (2003年7月7日)
  15. "大腸菌コロニーに現れる時空間パターン", 複雑系セミナー, 奈良女子大学理学部物理学科, 奈良, (2003年5月14日)
  16. "バクテリアコロニーのモデリング", 非線形物理セミナー, 中央大学理工学部物理学教室, 東京, (2003年4月24日)
アウトリーチ
  1. "システム工学特別講義", 集中講義, 静岡大学大学院工学研究科システム工学専攻, 静岡, (2004年2月16日-18日)
  2. "Singular limit analysis on reaction-diffusion systems", Tutorial lectures, Workshop on Dynamical systems and its application to biology, National Center for Theoretical Sciences, 清華大学, 新竹, 台湾, (2003年11月20日-21日)
  3. "総合数理特別講義C", 集中講義, 明治大学大学院理工学研究科数学専攻, 神奈川, (2003年10月6日-9日)
  4. "数理科学概論", 集中講義, 徳島大学総合科学部数理科学科, 徳島, (2003年9月1日-5日)
  5. "環境数理特別講義", 集中講義, 岡山大学環境理工学部環境数理学科, 岡山, (2003年7月31日-8月2日)
  6. "非線形物理学持論", 奈良女子大学理学部物理学科, 奈良, (2003年5月12日-14日)
  7. "自然界に現れる形・紋様・数学からの接近", SSHプログラム, 広島大学付属高等学校, 広島, (2003年4月4日)
研究組織委員会
  1. Nonlinear PDEs 研究会, 広島大学学士会館, 広島, (2004年1月5日-7日)
  2. Mathematical topics in biological systems, 日本数理生物懇談会企画シンポジウム組織委員, (2003年9月20日)
  3. ↑ Page Top

2002年度 (2002.4-2003.3)

講演
  1. "Pattern formation in bacterial growth systems", International Conference on Mathematical Understanding of Complex Systems arising in the Life Science, Lorentz Center, Leiden, The Netherlands, (2003年3月25日)
  2. "非線形分散方程式と非線型散逸方程式の違いは何か?", Recent topics in Nonlinear PDEs, 湯沢カルチャーセンター, 新潟, (2003年1月8日)
  3. "競合-拡散系に現れる棲み分けパターンダイナミクスについて(共同発表者:藤間真)", 応用数学合同研究集会, 龍谷大学瀬田キャンパス, 滋賀, (2002年12月21日)
  4. "解の空間局在性の定量化とアダプテイブFEMへの応用(共同発表者:三好秀徳,木村正人)", 応用数学合同研究集会, 龍谷大学キャンパス, 滋賀, (2002年12月21日)
  5. "単安定興奮場におけるパルスに対する空間非一様性の与える影響について(共同発表者:上山大信)", 応用数学合同研究集会, 龍谷大学瀬田キャンパス, 滋賀, (2002年12月20日)
  6. "樟脳の粒子モデルにおけるビリヤード問題(共同発表者:松本武彦)", 応用数学合同研究集会, 龍谷大学瀬田キャンパス, 滋賀, (2002年12月20日)
  7. "非一様拡散場における2種競争系の侵入問題(共同発表者:永瀧誠,上山大信)", 応用数学合同研究集会, 龍谷大学瀬田キャンパス, 滋賀, (2002年12月20日)
  8. "リーゼガングバンドのシミュレーション及び解析(共同発表者:濱岡玉緒,大西勇)", 応用数学合同研究集会, 龍谷大学瀬田キャンパス, 滋賀, (2002年12月20日)
  9. "Singular limit procedures to reaction-diffusion systems", Nonlinear PDEs Seminar, 國立台湾師範大學, 台北, 台湾, (2002年12月17日)
  10. "Self-organized patterns in chemical and biological reaction-diffusion systems", International Conference on Biomathematics and Nonlinear PDEs, 國立台湾師範大學, 台北, 台湾, (2002年12月13日)
  11. "非線形非平衡下でのビリヤード問題", 数理科学セミナー, 広島大学, 広島, (2002年11月9日)
  12. "Chemotactic growth systems", International Conference on Invasion Phenomena in Ecology, Biology and Medicine, Institute for Henri Poincare, Paris, France, (2002年11月7日)
  13. "Billiard problem in non-equilibrium state", International Conference on Front Patterns in Chemical Systems", Institute for Henri Poincare, Paris, France, (2002年10月24日)
  14. "反応拡散系に現れる自己組織化パターンについて", 特別講演, 平成14年度応用数理学会年会, 慶応大学理工学部, 神奈川, (2002年9月19日)
  15. "樟脳円板の運動:モデリングおよび解析の視点から", 談話会, 岡山大学環境理工学部環境数理学科, 岡山, (2002年8月7日)
  16. "Spatio-temporal patterns arising in transient processes in reaction-diffusion systems", 「界面ダイナミクスを再現する数値解析法の開発と実験分野への応用について II」研究会, 神戸インスティチュート, 兵庫, (2002年7月15日)
  17. "Patterns in chemotaxis-growth systems", Conference on Singular Limit procedures to reaction-diffusion systems, Univ. of L'Aquila, L'Aquila, Italy, (2002年7月8日)
  18. "Can solitons arise in Reaction-diffusion systems?", Colloquium at Mathematical Department, Univ. of Rome I, Rome, Italy, (2002年7月4日)
  19. "チューリングパターンにおける新しい展開", Turing セミナー, 東北大学数学教室, 宮城, (2002年6月21日)
  20. "Free boundary problems in biomathematics", International Conference on Free Boundary Problem: Theory and Applications, Trento, Italy, (2002年6月7)
  21. "Self-organized Patterns in Biological and Chemical Systems", BIOCOMP2002, Vietri, Italy, (2002年6月5日)
  22. "What is a singular limit analysis for reaction-diffusion systems?", Applied Mathematics Seminar, Univ. of Naple, Naple, Italy, (2002年5月30)
  23. "自己触媒反応に現れるパターン形成について", 非線形科学セミナー, 慶応大学理工学部応用化学科, 神奈川, (2002年4月20日)
アウトリーチ
  1. "総合と分析のとらえ方", 「総合と分析に関する伝熱問題」講演会, (株)日立総合経営研修所, 東京, (2002年11月11日)
研究組織委員会
  1. International Conference on Mathematical Understanding of Complex Patterns in the Life Sciences (Co-Organizing: D. Hilhorst, M. Peletier, H. Matano), Lorentz Center, Leiden, The Netherlands, (2003年3月18日-27日)
  2. Recent topics in Nonlinear PDEs(共同組織委員:西田孝明,増田久弥), 湯沢カルチャーセンター, 新潟, (2003年1月6日-8日)
  3. International Conference on Invasion Phenomena in Ecology, Biology and Medicine (Co-Organizing: H. Berestycki, P. Maini), Institute for Henri Poincare, Paris, France, (2002年11月5日-8日)
  4. Conference on Singular Limit procedures to reaction-diffusion systems (Co-Organizing: G. Fusco), Univ. of L'Aquila, L'Aquila, Italy, (2002年7月8日-10日)
  5. Focus session on Free Boundary Problem in Biomathematics, Trento, Italy, (2002年6月7日)
  6. ↑ Page Top

2001年度 (2001.4-2002.3)

講演
  1. "Singular limit analysis of reaction-diffusion systems", International Conference on Nonlinearities in Science, Leiden Univ., Leiden, The Nertherlands, (2002年3月26)
  2. "Self-motion of a camphor disk: Model and Analysis", International Conference on Reaction-Diffusion Systems: Propagation of Fronts in Biology, Univ. of Paris-Sud, Orsay, France, (2002年3月21)
  3. "Singular limit analysis of reaction-diffusion systems", Colloquium of Mathematics Department, The American Univ. of Paris, Paris, France, (2002年3月13日)
  4. "あるパターンを区別する指標について(共同発表者:今井仁司,坂口秀雄)", 応用数学合同研究集会, 龍谷大学瀬田キャンパス, 滋賀, (2001年12月20日)
  5. "ある自己触媒反応系の数値計算について(共同発表者:小村秀樹,木村正人)", 応用数学合同研究集会, 龍谷大学瀬田キャンパス, 滋賀, (2001年12月20日)
  6. "Nonlinear diffusion induced instability(共同発表者:日垣知也)", 応用数学合同研究集会, 龍谷大学瀬田キャンパス, 滋賀, (2001年12月20日)
  7. "円板樟脳の運動について(共同発表者:松本美紀)", 応用数学合同研究集会, 龍谷大学瀬田キャンパス, 滋賀, (2001年12月20日)
  8. "競争・拡散系の特異極限に対する数値計算法(共同発表者:井古田亮,中木達幸)", 応用数学合同研究集会, 龍谷大学瀬田キャンパス, 滋賀, (2001年12月20日)
  9. "癌化に現れるパターン(共同発表者:野仲祐徳)", 応用数学合同研究集会, 龍谷大学瀬田キャンパス, 滋賀, (2001年12月20日)
  10. "チンダル像について(共同発表者:松岡健一郎,泉俊輔)", 応用数学合同研究集会, 龍谷大学瀬田キャンパス, 滋賀, (2001年12月20日)
  11. "Singular limit procedures to reaction-diffusion systems", Nonlinear PDEs seminar, 國立台湾師範大學, 台北, 台湾, (2001年12月17日)
  12. "反応拡散系に現れる成長パターンについて", 研究会「リーゼガング現象とそれに関連した沈殿構造形成」, 九州大学工学部, 福岡, (2001年12月13日)
  13. "Formation and dynamics of patterns in reaction-diffusion systems", International Conference on Frontier of Nonlinear Analysis, 福岡, (2001年12月6日)
  14. "侵入問題に現れるパターン", 物理化学研究会, 神戸インステイチュート, 兵庫, (2001年11月21日)
  15. "侵入問題に現れるパターン", 佐野研究室セミナー, 東京大学大学院理学研究科物理学教室, 東京, (2001年11月13日)
  16. "樟脳円板の運動 -Phase filed model の視点から-", 「界面ダイナミクスを再現する数値解析法の開発と実験分野への応用」研究会, 神戸インステイチュート, 兵庫, (2001年11月8日)
  17. "非線形現象に対する特異極限法", 日本応用数理学会チュートリアル, 学術総合センター, 東京, (2001年11月1日)
  18. "Singular limit procedures to reaction-diffusion systems", 4th European Conference on Elliptic and Parabolic problems: Theory-Applications, Gaeta, Italy, (2001年9月25日)
  19. "Singular limit procedures in reaction-diffusion systems: Theory and Applications", Workshop concerning Recent advances on Nonlinear PDEs, Univ. Rome II, Rome, Italy, (2001年9月19日-21日)
  20. "分岐現象から見たパターンダイナミクス", 第2回微小重力物理学研究会, 関西セミナーハウス, 京都, (2001年8月10日)
  21. "Self-organized patterns in biology and chemistry", 1st Japan-U.S. joint Conference on Mathematical Biology, Hawaii, U.S.A., (2001年7月17日)
  22. "Interaction of traveling pulses in reaction diffusion systems", International Conference on Reaction-diffusion systems, Univ. of British Columbia, British Columbia, Canada, (2001年7月7日)
  23. "反応拡散系に現れるスポットの反射・分裂", 「非線形の新しい展開」研究会, 京都大学基礎物理学研究所, 京都, (2001年6月4日)
  24. "Dynamics of waves in reaction-diffusion systems", Nonlinear PDEs Seminar at mathematics Department, Univ. of Paris VI, Paris, France, (2001年4月4日)
アウトリーチ
  1. "総合と分析のとらえ方について", 「総合と分析に関する伝熱問題」講演会, (株)日立総合経営研修所, 東京, (2001年11月14日)
  2. "微少重力場の燃焼とバクテリアコロニー形成に相関はあるのか?", 特別講義, 三重大学工学部分子素材学科, 三重, (2001年8月28日)
研究組織委員会
  1. International Conference on Reaction-Diffusion Systems: Propagation of Fronts in Biology (Co-Organizing: D. Hilhorst), Univ. of Paris-Sud, Orsay, France, (2002年3月21日-22日)
  2. 特定領域研究 B(1) 「非線形非平衡現象を支配する特異性の解明」公開シンポジウム, 広島大学付属中央図書館, 広島, (2002年2月8日-10日)
  3. International Workshop on Traveling waves: Theory and Application, 神戸インスティチュート, 兵庫, (2001年10月22日-25日)
  4. 広島大学理学部数学教室公開講座, 広島大学東広島キャンパス, 広島, (2001年8月2日-3日)
  5. INSAM Symposium 2001, 広島大学大学院理学研究科, 広島大学東広島キャンパス, 広島, (2001年4月27日)
  6. ↑ Page Top